七種類の具材で七福!鬼除け汁(節分汁)

出来上がり量: 6人分 難易度: 普通 準備時間 5分 調理時間 10分 合計時間: 15分

節分料理の代表汁”鬼除け汁”

節分の豆まきした後のお豆を活用した節分汁です。

七種類の具材でつくって七福の鬼除け汁(節分汁)に仕上げてみました。

材料

0/13食材
人数分の調整
    材料(5〜6人分)

手順

0/10手順
  • 豆まきを終えた後の豆の殻や皮を取り除きます。
  • 玉ねぎは皮を剥き芽を取り除き、くし切りにします。
  • ニンジンは皮を剥き乱切り、大根はイチョウ切りにします。
  • こんにゃくはひと口大に切り、更に1/2に切ります。鍋に湯をわかし、塩揉みしたこんにゃくを入れ2〜3分ゆで下茹でします。
  • 豚バラ肉は5㎝幅に切りボールに入れ、田楽ミソで揉み込み、冷蔵庫に15分以上寝かせます。
  • 中火にかけたお鍋に胡麻油と④を入れ、豚バラ肉を軽く炒めます。
  • お鍋に①②③の具材と水、かつお出し(粉末)を足し入れ、ひと煮立ちさせます。
  • お鍋に①の大豆を足し入れ、ニンジンに火が通るまで煮込みます。
  • お鍋に味噌を溶き入れ、すぐに火を止めます。
  • ⑨を器に盛りつけ、青ネギ、七味唐辛子を盛りつけて完成です。

メモ

POINT

豆まきに使う乾燥した大豆を使う場合は、後入れでも充分に柔らかくなります。大豆の水煮を利用しても美味しく仕上がります。

節分に食べるこんにゃくは「砂おろし」と呼ばれ、身体の中の毒素を排出する効果があると言われており、邪気を追い払う食べ物とか言われていますので、節分汁には欠かさず入れましょう。

こんにゃくは下茹でしておくと特有の臭みが柔らぎますので、下ごしらえをしておくのがオススメです。