だし巻き卵

出来上がり量: 2人分 難易度: 簡単 調理時間 5分

だし巻き卵

だし汁からつくるお料理の定番「だし巻き卵」は、卵があればすぐできるお弁当にも欠かせない存在です。

キレイなだし巻き卵がつくれるように卵液をこしてから焼きます。

 

材料

0/5食材
人数分の調整
    材料(2〜4人分)
  • だし汁の調味料

手順

0/11手順
  • ボールに卵を割り入れ、菜箸の先をボウルの底につけたまま、卵白を切るように動かし、卵黄と卵白を均一に混ぜます。 泡立てるように溶くと卵のコシがなくなってしまいますので、菜箸を立てるように持つのがポイントです。
  • ボールにだし汁の調味料を入れ、軽く混ぜ合わせておきます。
  • 卵液にだし汁を混ぜ合わせ、溶いた卵に加えて混ぜ合わせたら、こし器やザルなどに入れて2回ほどこします。
  • ここで卵をこして、白身を除くことで卵が滑らかになり、ムラのないキレイなだし巻き卵になります。
  • 卵焼き器に菜種油をしっかりと馴染ませたら中火にかけ、卵液を1滴落とし入れ、ジュッと音がしたら卵液を鍋の向こう側に流し入れ、卵液を数回に分けて流し入れます。
  • 卵液が半熟の内に手前に巻いて行けば、しっかりとくっついてキレイな仕上がりになり、卵液を足し入れて行く時は、焼き上がった卵を菜箸で軽く持ち上げ、卵焼きの下の部分にもしっかりと流し込みます。
  • 卵液は全部焼いたら隅に寄せ、形を整えながら全面を整えます。
  • 巻きすを広げ卵焼きを置いたら、手前から巻きすをかぶせるように巻きつけます。
  • 卵焼きの粗熱が取れるまで置いておきますが、巻きすの線をしっかりつけたい場合は、輪ゴムで数カ所止め、15分ほど置いておきます。
  • 巻きすを外しまな板に乗せ、卵焼きの両端を切り落とし、6等分に切ります。
  • お皿に盛り付けて完成です。

メモ

Point

卵焼きを焼くときは、焦げないように弱火にしすぎてしまうと反対に上手く焼けないので、火加減はなるべく強めにして、リズムよく焼き上げます。

タグ

#卵